てんたまうどん ~面倒くさがりブログ~

これからもまだまだ面倒くさがりまーす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本日は光り物で、、、、、

えー、さてー、
先日の台風18号はいかがでしたかー?????
通り過ぎてしまうとなんてコトはなかったですが。

KIMG1161.jpg
移動中が一番強かったのかな?????
と言っても、ゲリラ豪雨の方がすごい感じもしたけど。
それでも雨と風でちょっと外に出るとかなり濡れましたねー。

KIMG1164.jpg
で、本日。
台風の後はよく晴れたもんで、
台風の汚れを落としてからホームセンターに来てみたり。

まぁ、大型台風と言っても、
ほぼ不発のまま通り過ぎてしまうのが、
この北関東って感じかなー。
そういう意味では恵まれている。

KIMG1142.jpg
ゴキュキュキュキュ、、、、、

KIMG1146.jpg
ムォォォォッ!!!!!

KIMG1153.jpg
でもって、
ちょっと前に相談もしてあったのだが、
とりあえず見なきゃわからないってことで、
足回り確認のためユーロファクトリーに行ってみた。

KIMG1155.jpg
試しに動かしてみると、路上に出るまでもなく異音確認。
とりあえずリフトで上げてフロントの足回りを確認してもらいました。

で、まぁ、ロワアームだなってことで終了。
今後どうして行くか相談していたけれど、
お店もかなり混み合っているらしく、
年末か年明けくらいにタイミングを見計らって
足回りのリフレッシュって感じかなぁ。
この日も他のお客さんも結構出入りしていて忙しそうでしたー。

隣のリフトに上がってた、RCのボディはなんだかいい色だったぞ。

KIMG1157.jpg
206をもう少し知るためにも、
ファクトリー文庫からプジョーの本借りてきましたー。

本の内容からすると、206一車種にしてもかなり凝った造りのようにうかがえる。
足回りもそうだが、純正ショックと言ってもなかなか捨てたもんじゃないようだ。
確かにクルマの説明書を見るだけでもかなり細かい設定が書かれているわけで、
本当は純正を正しく使って行くのがいいのだろうが、
どうしてもフロントの車高というか、フェンダーの隙き間がねぇ、、、、、
その前にロワアームがねぇ、、、、、

アームにはめ込んであるブッシュだけ交換するのと、
アームまるごと換えるのじゃ金額あまり変わらないらしいよ。

DSCF9262.jpg
今日はコイツも磨いてみたぞ。
やっぱ光り物ってカッコいいよねぇ、、、、、

いやいや、コイツ、オールステンの日本製、車検対応マフラーだが、
今現在はスーパースプリントが絶妙にマッチしてるので、
フレンチブルーミーテイングにでも持って行って売ろうかと、、、、、
売れてもアームの一本分にもならないけど、
スタビライザーのリンクロッドくらいにはなるかな?????

他にもフランス車関連のもの持っていこうかな。
小銭を稼いで整備に回せー!!!!!作戦。

そんな感じですよ。そんな。

とりあえず、
今月の風車ミーテイングは欠席して、
フレンチブルーミーテイングに行く予定でーす。
向こうで風車の広報活動でもしてきまーす。

では、クルマの足がモゲないことを祈りつつ、、、、、
またそのうち。






乗りもののコト | コメント:2 |

本日はネコ、、、、、

えー、さて、先日の日曜日、28日、
またもや正式名称不明「波志江ミーテイング」に潜入してきました。

KIMG1138.jpg
何度か潜入してはいるものの、
やはりアウェイ感は抜けず、遠巻きに様子をうかがってみたり。

まぁ、仕事前にちょっと寄っただけなんだけどね。
まだ本格的には集まってなかったみたい。

KIMG1136.jpg
潜入調査なので、電話のカメラで撮影です。

それなりに写真撮れるな。電話。

足回りのガタツキ修理と一緒にフロントの車高少し落としたいな。
さすがにタイヤとフェンダーの間にグーパンチ入るからね。

KIMG1133.jpg
スーパーカーはまだ来てないみたいで、
国産スポーツが集まってたな。
ヨタハチも来てたぞ。

KIMG1137.jpg
9月の風車ミーテイングに来ていたブーンX4の人がいたので、
一緒に立ち話したり、206の屋根開けたり、風車のステッカーあげたり。
やはり、ミーテイングに来たもののどうしようかって感じでした、、、、、

ブーンの人は以前ロータスヨーロッパ乗ってたんだってー。カッコイイ!!

時間の関係で話もあまり長く話せず、仕事に向かうのでしたー。

そんな波志江ミーテイング、プチ潜入。

DSCF9211.jpg
さて、本日仕事から帰ってくると、、、、、

なにやらボンネットに、、、、、ネコの足跡!!!!!

DSCF9224.jpg
しかも、206のまるっこいボンネットのおかげか、
登ろうとして滑って落ちたらしい、、、、、

DSCF9220.jpg
ネコパンチ!!!!!

DSCF9219.jpg
滑り落ちた時の抵抗がむなしくもうかがえる爪痕、、、、、

爪痕!!!!!

っつーか、
ボディにうっすらホコリが乗った状態の所に、
思いっきり滑り落ちたおかげで、
足痕と爪痕がボンネットとバンパーのど真ん中につきやがった、、、、、
ネコの野郎ゆるさねぇ!!!!!
この間磨いたばっかだっつーの。

斧でも研いで待ってるから、今度ボンネット乗る時は覚悟しておけよ。

DSCF9245.jpg
そんなわけで、夜間ドリル使うわけにもいかないので、(騒音問題でね)
まずホコリを洗い流してから、ひたすら手磨き、、、、、1時間。
磨いた後はコーテイング、、、、、もう腕と肩が疲れたし。

DSCF9253.jpg
とりあえず、パッと見た感じではわかりにくいかな?????
よく見れば滑り落ちたラインが見えるのだが、
今日はこれくらいでおしまいにしましょう。
後は昼間、太陽光の下でチェックしてから調整だな。

ネコの野郎、余計な労力使わせやがって、、、、、

megadrive.png
あ、そうそう、コレコレ!!!!!
トランスフォーマーのメガトロン!!!!!
メガドライブがトランスフォームするぞ!!!!!
コレ超カッコいい!!!!!かなり欲しいぞー!!!!!
イチマンエンだってー、、、、、

そんな、波志江ミーテイングとネコとメガドライブのお話でしたー。





乗りもののコト | コメント:0 |

本日はシリンダ。

えー、早くも8月ですが、、、、、
ま、当然暑いわけで。

DSCF7384.jpg
仕事が終わってクルマに乗り込めない、、、、、暑くて。
クーラーかけるも本革シートが熱持って座れたもんじゃない。

そうは言っても、とりあえず走り出すわけで。

DSCF7380.jpg
57777キロ。

DSCF7355.jpg
えーと、先日2日は足利花火大会でしたー。
何やら第100回らしくかなり豪快だった。

しばらく前にゲストでX JapanのToshiとか来てたけど、
今回は誰か来たのだろうか、、、、、? 今回情報無し。

当たり前だが人が多い。

DSCF7326.jpg
かなり大きいぞ。
音も大迫力。
ドーン!!!!!

かき氷食べながら観覧。

DSCF7362.jpg
少し離れて。
なんだか9時過ぎてもドカドカ上がってたぞ。

DSCF7360.jpg
駅のホームには大量の人が。
電車にギュウギュウで輸送されていったとさ。

DSCF7386.jpg
さてさて、オイルお漏らし中のシリンダ。
動かさなければいいのだが、
屋根を開閉させるとオイルポタポタ、、、、、

なので常にウエスが必要でして、、、、、

シリンダ交換となると部品だけで7万とからしい、、、、、

さすがに厳しいのでお漏らしとうまく付き合いながら生活していたのだが、
思わぬタイミングで救世主が現れました。

DSCF7390.jpg
ってなコトで、

まずは、写真中央のシルバーのシリンダを摘出します。

DSCF7399.jpg
クリップとピンをいくつか外すと取り外せます。

DSCF7402.jpg
コレが今回問題のシリンダ。
お漏らし病の臓器が丸出しになったところで、
つながっている血管(油圧ホース)を外します。

DSCF7412.jpg
さて、無事摘出されたシリンダですが、
今回オイル漏れの修理をしていただく事となりました。

なかなか油圧シリンダのオーバーホールとかって小さいものはなくて、
探して出てくるのは重機とかのでかいシリンダのことばかり。

そんな中、206ccのオープン機構用のシリンダ修理を発見。
ちょっと考えましたが、部品交換よりはるかに安い値段でやってくれるので、
今回シリンダ修理となったわけです。

よって、シリンダを外して、発送。
修理が終わったら戻ってくる予定。

いやぁ、しかしジャストな内容のサービス見つけられて超ラッキーです。
なにせ、今月半ばで受付終了するらしいので。
(確認用の206ccが無くなるそうなので、動作確認できなくなる)

さて、修理から戻って来たら心おきなくオープンにできるぞー。
真夏は暑すぎるけど、涼しい日はやっぱオープンだよねぇ。

そんなわけで、今回は57777キロと花火とシリンダでしたー。
おかげさまで作動油について勉強する事ができましたー。
次回予告は特にありませーん。

それではみなさん、暑かったりドシャ降りだったりですが、
熱中症やらなんやらに気をつけてくださーい。
乗りもののコト | コメント:2 |

本日はステッカー。

えー、最近は日もずいぶんのびて、すっかり暑いですねー。
みなさんも汗だくになって、服びちょびちょにしてますかー?????

本日休日だったため、午前中は洗車ですっかりびちょびちょでしたが。

DSCF6916.jpg
先日は満月でしたが、雲も多く深夜には見えなくなっちゃいましたね。

DSCF6816.jpg
さて、前回予告で登場したスーパースプリントマフラー。

黒い部分を再塗装するためにテールエンドはマスキングします。
排気口内側も同じく塗装しちゃいます。

DSCF6824.jpg
KUREの耐熱ペイントにて塗装&乾燥中。
このマフラーに2度塗りでスプレー1本きっちり使い切りました。

DSCF6835.jpg
塗装したてはシリコン塗料特有のギラついた感じですが、
乾燥とともに落ち着いて来る感じのつや消し黒です。
下地の具合もあってか、梨地のような表面に仕上がりました。

このあとクルマに実装し、排気の熱で焼き付けします、、、、、

DSCF6862.jpg
先日までつけてた日本製オールステンマフラーと、
今回装着したイタリア製スーパースプリントマフラー。

形状がずいぶん違いますねー。
日本製は全体的に後ろ重心なので、取り付けの調整にちょっと手間かかりました。
おまけに一度タイコ部分に排気ガスが溜まってから排気するため、(普通はそうだが)
容量少ないためかメチャメチャ熱持って触れないくらい熱くなります。

スーパースプリントは入り口から出口が丸見え、、、、、
タイコ部分はパンチングになっており消音しているもよう。
ただ、タイコ部分で排気を溜めないため、抜けはいいのだが、
熱を持ちにくく焼き付け温度まで達していないという、、、、、
まぁ、気長に焼けるの待ちましょう。

DSCF6850.jpg
ビフォー、

DSCF6874.jpg
アフター。

うーむ、オールステンはいかにも社外入れてますって感じですねー。
スーパースプリントはちょっと地味ですが、納まりいいです。
接続もガッチリ付いて、吊りゴムも調整不要でしたー。

DSCF6845.jpg
真後ろから。

オールステンはタイコも光ってなかなかグッドです。
もう一回りエンドが太くてもいいかなぁ。
(マフラー自体の造りはすごくいいですよ)

DSCF6869.jpg
純正か!!!!!

バンパーの形状にパーフェクトなくらいジャストフィット。
知らない人が見たら社外マフラーと気がつくまい、、、、、

ちなみに音もほぼ純正、、、、、
回せばそれなりだが、アイドリングでは若干低い音がするかな?????
くらいで、音も形状も社外とは思われまい、、、、、うーむ。

DSCF6889.jpg
横から見ると跳ね上げ気味にマウント。
コレはコレでカッコいいのだが、
中間パイプとの接続がちょっと下がり、最低地上高が下がった。

取り付けのアームを曲げて調整すればもう少し平行になるのかな?
そうすると、もう少しバンパーからマフラーエンドが飛び出すのか。
本来はもう少し飛び出てもいいはずなんだと思う。
今の状態だとスーパースプリントのロゴも見えないしね、、、、、

まぁアーム曲げるのはかなりの力技か炙って曲げなくちゃいけないので、
しばらくこのスタイルでいきまーす。

DSCF6930.jpg
跳ね上げの弊害、、、、、

洗車するとドボドボ水がマフラーに入って行くという、、、、、
とりあえず、エンジンかけて熱入れて蒸発させるけど、
今後、洗車時はマフラーにカバーかけてから行いましょう。

まぁそんな感じで、
社外マフラーブームはスーパースプリントに落ち着きましたとさ。
でもヤフオクは毎日チェックしてたりして。
日本製オールステンマフラー from 5zigen、
短い間だったがお疲れさん。里子に出す前に磨いてやるからな。

DSCF6962.jpg
さてさて、
今週末、7月20日、日曜日は毎月恒例、
「風車ミーティング2014:7月」です。
今月は風車に集合してから赤城山頂へ移動しまーす。
(一斉に移動すると交通に影響するので、適当に移動してだそうです)

それに合せたという言い訳で、風車ミーティングのステッカー作りましたよ。
一気に50枚こしらえたので、まぁ今年いっぱいモツかなぁ、、、、、
ま、無くなったらまた作りゃいいんだけどね。
ほら、デザイン、印刷、カットまで、すべて家庭での手作業ですから、、、、、

そんな感じで、今回は満月とマフラーとステッカーでしたー。
風車&赤城の上で会いましょう。






乗りもののコト | コメント:0 |

先日は胃カメラで、、、、、

さてさて、なにやら台風が近づいているようですが、
みなさん胃カメラ飲んでますかー?????
暑いからって飲みすぎ注意ですよー。

DSCF6809.jpg
ゴムムムム、、、、、
距離は進むなぁ、、、、、
ガソリン高いなぁ、、、、、

風車14ステッカー?
さーて、今年も半分終わったところで、
「風車ミーティング2014」のステッカーデザインしました。(遅いよ、、、、、)

まぁ、ほら、今月は赤城の頂上までツーリングっつーことで、
このミーティングの一番最初もたしか7月だったような記憶が、、、、、
(一応第0回から参加しているもんですから、、、、、)

風車から見える赤城山を入れてみたのよ。今回は。
(完全自主制作なので、公式かどうかは疑わしいが、毎回コレで通っている)

とりあえず、今後とも風車ミーティングをよろしくお願いしまーす。

KIMG1048.jpg
先日ケーズデンキに注文した部品を取りに行き、
店を出ると「あっ!!!!!」、、、、、やられた。

ウチの206の横に非常によく似た206ccが。

KIMG1049.jpg
うーむ、似ている、、、、、

KIMG1050.jpg
近づいてみると、
カラーラインなのか、カラードバンパーなのね。
黒だとちょっとわかりにくいけど、光ってるな。
ホイールはS16用の16インチ。
フロントグリルがハニカムなヤツでした。

でも、パッと見たところ間違えるなコリャ。
右ハンドルか左ハンドルの差とマフラーくらいか?????

意外と近所に似たモノがいるもんですねー。
(実はスマークに黒の206ccがいるんだよなぁ、、、、、)

DSCF6770.jpg
アウデイR8だよ、おい。
世の中にはこんなのも普通に走ってるんですねぇ、、、、、

ただ、一度コレのオープン見た事あるぞ。この辺で。

KIMG1047.jpg
胃カメラはこんな格好で受けてくださーい。

毎年この絵見るけど、書き直さないんだよねコレ。
コレをコピーして他の所にも貼ってあるし。

ちなみに胃カメラは鼻から行きまーす。
麻酔をしててもやっぱり「オエッ!!!!!」ってね。
とりあえず以前から確認されていたポリープは育ってないので放置。
逆流性食道炎も今回は見られませんでしたー。

DSCF6795.jpg
さて、自分の胃の検査も終わったので、
クルマの胃袋の洗浄でもしてやろう。

「エルフ:コンプリートクリーナー 10000」です。

普段は1500円くらいするんだけど、
結構安くなってたので買ってみた。

10000キロの汚れを落とし、コーティングするんだとさ。

DSCF6802.jpg
60リッターに一本らしいですが、
30リッターに全量ぶっ込みまーす。

さーて、どうなることやら、高濃度で強力洗浄しておくれー。
こういった添加剤が効くかどうかは次回給油からのおたのしみ。
まぁ売っている以上、効果はあると思いたいねー。

DSCF6813.jpg
で、用意いたしましたのは、
「KURE:耐熱ペイントコート」スプレー缶でーす。黒でーす。

なんで、耐熱塗料かって?????

DSCF6815.jpg
先日、コイツが届きましたので。

サビを落として、エンドを磨いたので、
剥がれ始めている塗装をやり直します。
そんなわけで、耐熱スプレー用意した感じです。

現在は全面ヤスリがけした状態なので、
あとはマスキングして塗装なんですがー、
なにやら台風とかで天気悪そう、、、、、

雨の日は塗装に向かないってね。
しかも耐熱塗料は焼き入れないと完全硬化しないらしいので、
塗装後装着して走り回らないといけないってことは、、、、、
雨だとやっぱりいただけないなぁ。

あ、ちなみにこのマフラーはスーパースプリントです。

さーて、明日はどうすっかなー。
塗装できないようなら、ドアスピーカー調整するかな。
まぁ明日の天気しだいってことで。

ほんでは、今回は胃カメラとステッカーと同じクルマとマフラーでしたー。

マフラーの在庫を増やして、気分で変えるのもオモシロいかもよ。
いや、スーパースプリントのフィッテング次第で、コレに決めたいな。
今装着してるヤツは磨き直して売りに出すかな、、、、、
とりあえずは塗装が終了し次第ってことで。

ではでは、今月の風車は、
9時ころに風車に集まりますが、
随時みなさん勝手に上まで登っておくれだそうです。






乗りもののコト | コメント:2 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。