てんたまうどん ~面倒くさがりブログ~

これからもまだまだ面倒くさがりまーす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

先日はガブガブ、、、、、













えー、
この度、Vespaのお出かけブログ改め、
Vespaの復活は本当にあるのかブログになりまーす。

って、
なんでかって?

先日の休みの日、Vespaのエアクリーナをきれいにして、
アイドリングも順調で試運転に出かけたのでした。

ここ最近、なんだかミスファイアが多く、
(スパークしないのに燃料がまわってるからマフラーでパンパン爆発)
キルスイッチの接触不良か、ポイントが減ってるのか狂ったのかとも思いつつ、
パンパンいいながら試運転にでかけたのでした。

で、
ほんの3キロくらいすすんだところで、コロンコロン、ガタガタ、、、、、
そしてエンジンロック!!!
はい、修了です。

最初は全開でばっか走ってるから焼きついたかとも思ったが、
音から考えてエアクリだとすぐに判明。
キャブを覗いてみると、取り付けたはずのエアクリがブラブラ、、、、、
そうです。
空気のゴミをエンジンに入れないようにするはずのエアクリーナの
ネジがミスファイアなどの振動により外れ、
キャブを通ってエンジンがネジを食べちゃいました。

完全にエンジンがロックしてしまい、
5分足らずで来た道のりを30分かけて押してかえりましたとさ。

では、
さっそくエンジンを開けてみましょう!!

プラグを抜くと異物に押されたせいか電極の隙間がありません。
次にエンジンヘッドを外してみると、
ヘッド裏に数カ所の傷がみうけられます。
そして、シリンダー内には金属の粉がたくさん飛び散っています。

50ccとはいえ、爆発によりネジくらい粉々ですねぇ、、、、、

さらに分解していくと、ピストンの角が欠けています。(あぁもう使えません)
ピストンをよけてみると破壊されたネジ発見。
エアインテークを覗くと半分に噛み切られたネジの頭、、、、、

摘出されたネジは無惨にも噛み食われた感じです。
ちなみにワッシャーは発見出来ませんでした。(きっと爆破により粉に、、、)
問題はヘッド内で収まってないところです。

現在クランクがまわらないので、
その原因を究明するためにもエンジンを割らなければなりません。
(エンジンを割るっていうのはVespaのエンジン開くってコトね)

さて、
ネジがどれほどのダメージを与えているのはまだ不明。
クランクケース内が多少の傷ですめばなんとか復活もできるかなぁ、、、、、?
クランクもネジを噛み切るくらいだから、
おおよそ無事であればピストンとヘッドだけですむかなぁ、、、、、?

ま、そうしたら今まではノーマルで過ごしていたが、
ボアアップも考えるのだが、、、、、

そんな感じで、
今後は時間を見ながら、エンジン分解を進める事になるでしょう、、、、、
まさかエアクリのはずがネジを吸い込むとは、、、、、
あぁ困った。

スポンサーサイト

今までの気持ち | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<本日はテトリス。 | ホーム | 本日は餅太郎。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。